QR Code Business Card

↑ Return to Primer

どんな音楽があるの その1

ギターを使ったどんな音楽があるか YouTube で見てみましょう。

■ まず弾き語り

弾き語りといえばまず、長渕剛さんが思い浮かびます。
最近のライブ映像を見るとタカミネのエレクトリック・アコースティックを使っているようですね。
写真ではエレクトリック・ギター(ストラトキャスターだったかな)を使ってるのも見た事があります。
でもスタジオでは確信はないけれど普通のアコースティック・ギターを使ってるんじゃないのかな。

女の子では Yui さんが印象的です。
彼女はいろんなのを使っているようなのですが、画像で見かけたのはフェンダーのエレクトリック・アコースティックやストラトキャスター、テレキャスターですね。
アルバムの写真にも使うくらいですからギターが大好きなのでしょう。

最近では我が兵庫県民、植村花菜さんは、トイレの神様ではアルペジオで弾いています。
本人の話では頑張ってマーチンを買ったとの事。

■ アコースティック・ギター・デュオ

やっぱり代表はゴンチチです。
ゴンザレス三上さんがナイロン弦ギター(クラシックギター)、チチ松村さんがスチール弦ギターを主に弾くようです。
オベイションの画像もよく見かけます。

アコースティック・アルケミーもバンドの形態ですがナイロン弦ギター(クラシックギター)とスチール弦ギターのコンビで弾いています。
二人共にリードギターを弾きますがナイロン弦の方がテーマを弾くことが多いと思います。

■ アコースティック・ソロ・ギター

おとなり韓国の天才ギター少年、チョン・ソンハ君です。
彼はとても小さい時から見事に演奏しています。
そして彼の特徴は音の輪郭が非常にしっかりとしている事です。
まだ他のギターリストのアレンジの曲が多いのですが、オリジナル演奏の音が分かり辛い時はソンハ君の演奏を聴いて確認させてもらっています。
演奏のお手本にするにはとてもよい演奏だと思います。

ベテランの岡崎倫典さん。
アコースティック・ソロ・ギターリストは既存のヒット曲をギターだけで演奏することが多いのですが、倫典さんの場合そのアレンジが素晴らしいのです。
どんなに素晴らしい曲でもアレンジしだいでは台無しになってしまうことがあります。
倫典さんご本人も言っておられましたが、アレンジにはそうとうこだわっているようです。