QR Code Business Card

↑ Return to Primer

ギターを決めねば!

どんなギターを欲しいか決まっていますか?

決まっていれば頑張ってそのギターを買いましょう。
高くて買えない場合は同じタイプか似たタイプの下位クラスのギターを選びましょう。

好きなギターリストやアーティストがいればその人が使っているギターに近いのを選べば幸せになれます。

まったく決まっていなければ、楽器屋さんや雑誌で見かけて、コレ!って思うのを選べば良いと思います。
最初はデザインで選べば良いでしょう。
ギターを弾く前から弾きやすさや音色の良し悪しなんて分かることはありませんから。

とにかく最初の1本で自分の中に弾きやすさや音の良し悪しの基準を持たなければいけません。
基準がなければ、自分でギターの良し悪しを判断することはできません。

それでも決めかねている人は・・・
それでは大まかにギターの特徴を説明しましょう。

アコースティック・ギター
昔はフォーク・ギターと呼んでいました。
ボティは大きめで、厚さは7~8cm以上あります。
弦は金属が一般的でテンション(張り具合)もきつめで、押さえるのに慣れが必要です。
一般的に弾き語りの伴奏に使われたり、最近ではフィンガースタイルのソロ演奏によく使われています。
音質の個体差が大きく、「実際にそのギター弾いて気に入ったから、同じモデルを安い通販で買う」なんてことをすると失敗する可能性が高いです。
気に入ったギターを楽器屋さんで見つけて、もし買うならその個体を買うようにしましょう。

エレクトリック・ギター
多くのエレクトリック・ギターのボディは小さめで厚さも薄くできています。
弦は金属が一般的でテンションも緩いのからキツいのまで自由に選べます。
一般的にロックの伴奏やリードギター(メロディ演奏)などによく使われますが、オールマイティです。
ネックはアコースティック・ギター並から細いものまでさまざまです。
一般的にネックは細い方が弾きやすいという人が多いようです。
ちなみに僕の好みは薄く幅の広いネックが好みです。
音質の個体差はアコースティック・ギターほどではありません。
ただし重要な事はギターアンプかマルチ・エフェクター(+ヘッドホン)が必要な事です。

クラシック・ギター
一般的なアコースティック・ギターを一回り小さくしたくらいの大きさ。
弦はナイロン製ですが、低音弦はナイロンの回りに金属を巻きつけた構造になっています。
ネックは非常に分厚く幅広く好き嫌いが分かれるところでしょう。
金属弦に比べテンションが弱く太いので弦を押さえること自体は比較的楽なのですが、ネックがとても太いのでその辺をどう感じるでしょうか。
文字通りクラシック演奏に使われますが、スムースジャズやアコースティック・ギターで弾かれるようなフィンガースタイルの演奏にも使います。
昔は弾き語りにも良く使われていました。
音質の個体差はアコースティック・ギターと同じで気に入った個体を選びましょう。

さてどれを選ぶか
本当に何も決まっていないのなら、僕のお勧めはエレクトリック・ギターです。
おすすめの点は

  1. 比較的安い
  2. 夜中でも練習できる
  3. 弦のテンションが緩く、弾きやすい
  4. 音楽的にオールマイティ

という点です。
1.はアンプなどが必要ですが、それでも同じクラスならエレクトリック・ギターの方が安いと思います。
2.はソリッド・ボディの(空洞じゃない)タイプならアンプで鳴らさなければ夜中でも練習できます。
3.非常に細い弦を選ぶことができるので指が痛くなりにくいです。
アコースティック・ギターに細い弦を張ってもよいのですが、多少の問題が出てきます。
4.クラシック以外のポピュラー音楽には何にでも使えます。
ちなみに僕の場合はクラシック・ギターもアコースティック・ギターのフィンガーピッキングもエレクトリック・ギターで練習します。
エレクトリック・ギターで練習していてアコースティック・ギターに慣れるには1ヶ月くらいかかりますが、逆に1ヶ月くらいで違和感はなくなると言うことです。

さてどんなエレクトリック・ギターを選ぶか
もう一度言いますが、本当に何も決まっていないのなら、エレクトリック・ギターを薦めます。
じゃ、どんなエレクトリック・ギターが良いの?と聞かれれば、

やはり定番の、ギブソンのレスポールかフェンダーのストラト・キャスターです。
エレクトリック・ギターの代名詞と言える二本です。
だいたいのプロのギターリストは両方共に持っていると思います。

でも僕等普通の小市民が入門時に本物を買うことは難しいです。
結局レスポールかストラトのコピーモデルが無難なところだと思います。

ちなみに(^^)、お勧めと言う訳ではないのですが、僕は Ibanez の S-Serise が薄く軽くて(個体によりますが)好きで使っています。

ジョーカー
もし身内がギターを買うなら一言だけ「『入門者セット』だけは買わんとき」と忠告しときます。
間違いなく「安物買いの・・・」になります。

最後に
ギターを続けている人全員、ほぼ間違いなく、ギターを買い足したり、買い換えたりしています。
最初に買ったギターを今でも使っているなんていうプロのギターリストなんて絶対いないと思います。
と言うことは、全員1本目のギターの選択を失敗していると言えるかもしれません。
という事で1本目のギターはあまり深く考えずにかってもいいのかなとも思えますね。