QR Code Business Card

↑ Return to コード

C コード その1

やはり基本はCメジャースケール(ハ長調)、ピアノで言うところの白鍵です。
そのトニックコード(主和音)の「C」。
仰々しくいうと、Cトライアードというのかな。
でもそんな言い方は理論書くらいにしか出てきませんが・・・。

と言うことで、「C コード」から練習しましょう。

ギター Cコード その1 画像

C 押さえ方 その1

1弦 —- E 開放
2弦 —- C 1F
3弦 —- G 開放
4弦 —- E 2F
5弦 —- C 3F
6弦 —- ミュート

写真のように指3本で抑えます。
「6弦-開放のE」の音はCコードの構成音なのですが、意識して鳴らす以外はミュートしたほうが無難です。

ミュートの方法は薬指の先か、親指で6弦に少し触れてください (写真の赤いとこらへん)。
ただし、コードストロークでなく、アルペジオで弾く場合は、そんなに気にしなくて良いです。
直前のコードで「6弦-開放」が鳴っていたとしても、Cコードの5弦を弾く時に自然にミュートできると思います。
でも初心者のうちは、それも気にしなくて良いです。