QR Code Business Card

↑ Return to Primer

チキンピッキング

ここではチキンピッキング(ハイブリッドピッキング)を取り上げたいと思います。
ビギナー向けと言うにはちょっと無理があるかもしれませんが、ビギナーの段階から練習していると非常に便利なピッキング奏法です。

最初に・・・
Q: チキンピッキングとハイブリッドピッキングは違うのですか?
A:言い切りましょう、 同じです! (責任は取れませんが・・・)

元々は違いましたが、現在は多くの人が同じ意味で使います。
カントリーテイストが好きな人は「チキンピッキング」と言いましょう。
モダンな音楽指向の人は「ハイブリッドピッキング」と言いましょう、ちょっとオシャレっぽいです(^^)。

それでは、チキンピッキングとはどんなピッキング方法なんでしょうか。
チキンピッキングとはもともとカントリーギターの分野で生まれた奏法です。
そして名前の解釈として、大きく2つに分けることができます。
一つがフラットピック、指弾きなど奏法にかかわらず、「ニワトリの鳴き声」のようなサウンドのリック(フレーズ)自体を指します。
もう一つが、現在主流となっているフラットピックと指を複合的に使う、別名ハイブリッドピッキングと呼ばれるもので、リックではなく奏法を指します。
こちらは前者のリックを弾くときにこのハイブリッドピッキングがよく使われたので奏法そのものがチキンピッキングと呼ばれるようになったのでしょう。
その他にも名前の由来があるようですが、それぞれ正しいかもしれませんし、今となってはもうわかりません。

そして、初めに言ったように今は本場アメリカでも限りなくチキンピッキング = ハイブリッドピッキングになっています。
最高のチキンピッカーのジョニーハイランドもそう呼んでいます。
ダニーガットンはビデオの中で呼び分けていますが、いかにチキンピッキングマスターといえども今となっては少数派です。

ほんとは僕個人の意見としては「コ・コ・コ・ケー」サウンドのフレーズを「チキンピッキング」、フラットピックと指の複合のピッキングを「ハイブリッド・ピッキング」と呼んで欲しいなと思うのですが、所詮少数派です。

元々カントリーギターから生まれたこのチキンピッキングはハイブリッドピッキングと言う意味ではカントリーギターリストはほぼ全員使います。
そしてカントリーが音楽のベースにあるアメリカのロックギターリストもよく使いますし、非常に高いレベルでマスターしています。
ちなみに、アメリカのロックギターリストはフィンガーピッキングもアコースティックギターリスト顔負けの腕前の人が意外にいます。


以降めんどくさいので特に説明がない限りチキンピッキング=ハイブリッドピッキングとして話していきます。

僕が初めてチキンピッキングを見たのは日本の音楽がJーPopと呼ばれる前、まだニューミュージックと呼ばれている頃です。
たしか1980年代、谷村新司さんのアリスの曲だったと思いますが、ちんぺいさんかべーやんだったか、スリーフィンガーをチキンピッキングで弾いていました。
もしかしたら記憶違いかもしれませんが、とにかくフォークギターでスリーフィンガーを弾いているのを見たのが最初でした。
その時の印象は「器用やなぁ」、「ピックの持ち替えいらんから便利やなぁ」でした。
次に見たのは1990年代、加山雄三さんがモズライトでベンチャーズの曲、ダイヤモンドヘッドのテーマ部分で使っていました。
その当時まねしてみましたが、速いフレーズでもないのに全然できませんでした。
2000年代に入るとカントリーギターの名手アルバートリーのDVDで見かけました。
そして2010年代にジョニーハイランドを見て現在に至っています。
初めて見かけてからえら~い月日が経ちましたが、現在僕はまだチキンピッキングをマスターしていません。
今までチンタラ弾くくらいはしていましたが、ちゃんと練習し始めたのは昨年2011年12月からです。

という事でこのページを作り始めたわけです。

チキンピッカーへの道 (チキンピッキング練習日記)