QR Code Business Card

«

»

7月 13 2014

スティーブ・ルカサーの元嫁さん

いつものようにウェブサーフィンをしていると・・・。

まぁ、サーフボードに立って大きな波に乗って滑るように移動してるイメージじゃないけどね。

どちらかというと、サーフボードにうつ伏せになって犬カキみたいに水面を進むって感じだろうか。

まぁそれは置いといてと。

ウェブサイトを見ているとジョーンジェットの事が書いてあった。

ジョーンジェットと言えば、たしかラナウェイズのメンバーだったよなぁ。

で、確かボーカルの娘の姉妹と僕の好きな偉大なギターリスト、スティーブルカサーが結婚したんだったよなぁって思った。

確信を持てなかったので日本語版のウィキペディアを調べてみたけど、関連は全くかいてなかった。

まぁ、一般的にインターネット上での日本語の情報は英語の情報と比べて情けないほと薄っぺらいからしょうが無いよな。

ラナウェイズのボーカルの娘はウィキペディアで調べると「シェリー・カーリー」(Cherie Currie)となってた。

スティーブ・ルカサー」には関連は書いてなかった。

でもGoogle自体のルカサーの検索結果の情報には、「配偶者: ショーン・バッテン (2002年 – 2010年)、 マリー・クリー (1981年から)」となってた。

ほらほら・・・。

マリー・クリーを調べると(Marie Currie)だった。

Sherie Currie」を調べると Marie は双子の姉妹だって書いてあった。

つまり、ラナウェイズのボーカル、シェリーカーリー(Cherie Currie)の双子姉妹はのマリークリー(Marie Currie)。

めんどくさ・・・。

TOTOのギターリスト、スティーブルカサーの最初の嫁さんはラナウェイズのボーカルの双子の姉妹のマリークリー(マリー・カーリー)でした。

はぁ〜スッキリした!。