QR Code Business Card

«

»

G6121 グレッチ チェット・アトキンス・ソリッドボディ とは

G6121 (1954)

G6121とは「チェット・アトキンス・ソリッドボディ」と言われるモデルです。
ギブソンのレスポール、フェンダーのテレキャスター台頭してきた影響を受けたモデルで、G6120と同時期に発表されました。
初期のG6121 は

  • 13.5インチ・ソリッド・ボディ
  • シングル・カッタウェイ
  • シングル・コイル・ピックアップ
  • 4コントロール・ノブ
  • 1セレクト・スイッチ
  • 「ロングホーン」ヘッド・インレイ
  • 「ブロック」フレット・インレイ
  • 「G」ボディ焼き印
  • オレンジ・カラー

という特徴があります。
その後、

  • シングル・コイル・ピックアップ → ダブル・コイル(ハムバッキング)ピックアップ
  • 4コントロール・ノブ → 3コントロール・ノブ
  • 1セレクト・スイッチ → 2セレクト・スイッチ
  • 「ロングホーン」ヘッド・インレイ → 蹄鉄インレイ
  • 「ブロック」フレット・インレイ → サムネイル・インレイ
  • 「G」ボディ焼き印 → 無し

以上のように変化していきました。
1960年代に一度生産中止になっています。