QR Code Business Card

«

»

2月 05 2012

アコースティックギターとエレクトリックギター(ギターの常識と非常識)

ギターに関しての常識についてちょっと考えてみました。

皆さんはアコースティックギターやエレクトリックギター、クラシックギターをどのようにとらえているでしょうか。
ギターのタイプによっては全く別の音楽をやる楽器くらいにとらえている人もいるのかもしれません。

僕は違いは意識するけれど、ある意味ギターはギターでどのタイプを使ってもいいかなって思ってます。
抽象的な言い方でわかりにくいので、具体的に言いますね。

僕はいつもソリッドタイプのエレクトリクギターを主に使って練習しています。
それはロックギターはもちろん、アコースティックギターの曲でも、クラシックギターの曲でもです。
その上、このエレクトリックギターの生音で練習します。
理由は小さなマンションに住んでいて大きな音を出し辛い事と真夜中でも練習できる事、それと弦のテンションが弱くてとても押さえやすいからです。
今年の目標のチキンピッキングはもちろん、ミスターサンドマンも、アルハンブラの思いでも、禁じられた遊びもこれで練習します。

「そんなのダメだよ」なんて意見が聞こえて来そうですが、僕はこれで満足してるし、それなりに結果も出てる気がします。
もちろん後で曲に応じてちゃんとアコースティックギターやクラシックギターでも練習はします。

さすがにアコースティックギターは何年も弾いていなかったので、エレクトリックギターで弾けている曲をアコースティックギターで弾こうとすると、慣れるまでに1ヶ月くらい掛かりました。
テンションがとてもキツくしんどかったんですよね。

あと、アコースティックギターでクラシックギターの曲も良く弾きます。
これはなかなか好きです。
逆にクラシックギターでアコースティックギターのスリフィンガーやギャロッピングのソロギターも弾きます。
この雰囲気も好きです。
さすがにクラシックギターでロックはやらないです。

チェット・アトキンスに弟子とも言えるフィンガーピッカー、ミュリエル・アンダーソンはクラシックも超一流でクラシックギターでアコースティック曲を弾いています。

こんな話があります。
ある人、本人から直接聞いた話です。
その人は楽器屋の店員さんに「クラシックギターでジャズは弾けますか(弾いていいのですか)」と質問したそうです。
答えは「できません」だったらしいです。
非常に個性を尊重しない答えです。
もちろん、フルアコースティックのエレクトリックギターで弾くのか無難なんでしょうが、クラシックギターでジャズは弾いてもいいし、弾けます。
アコースティックギターでもいいし、ウクレレでもできます。
バンジョーでも三味線でもできるでしょう。
アール・クルーやピーター・ホワイトはスムースジャズですが、クラシックギターを使っています。
ジャンゴ・ラインハルトもたしかナイロン弦でしょう。
ジョー・パスもナイロン弦のギターのアルバムがありました。

僕が少しの期間ギターを習いに行ったことがあります。
その時、「ピックの持ち方が深いんじゃないですか?」とか
「そこは小指じゃなくて薬指で押さえましょうよ」なんて言われたことがあります。
それらが原因で何か問題あれば、そう言われてもまぁいいでしょうが、音には何の問題もありませんでした。
その人は僕の弾き方と違うので自分の弾き方をさせたかっただけなんだと思います。
僕はその当時でも普通に弾けてました。
まぁ、習いに行ったのが間違いでした。
また違う人には「もっと左手を深く握りましょう」と言われました。
その人は手の平がネックに触るくらい親指をネックから出してコードを押さえます。
でも僕はあまりネックの後ろから親指を出さないコードの押え方をします。
押え方なんてどうでもいいんですよ、ちゃんと音が出れば。

例えば膝にギターを置いて琴のように弾くジェフ・ヒーリーなんていう超個性的な素晴らしいギターリストもいます。
個性を尊重しない日本では決して生まれてこないギターリストです。

ま、あまり変な常識にとらわれずに自分の個性を大切にして弾くのが良いと思います。
特に日本人はなんでも、「こうでなくてはならない」なんて決め付けやすい人種ですから。

ネガティブな僕は思います、お隣、韓国にITどころか、音楽も抜かれちゃいそうです。
K-Popを見ている限りもう抜かれているのかな・・・。